トリキュラー 通販スーパーpw【即日送料無料】

トリキュラー通販

トリキュラー21
数量価格ご注文
1箱¥2,800
3箱¥3,801
6箱¥5,400
12箱¥8,100

 

 

 

 

 

 

トリキュラー詳細【通販スーパーpw】

日本では、1999年に「トリキュラー」が経口避妊薬として、計画的な避妊を希望する女性に処方されることが承認されました。その確かな避妊効果と、約40年という長い年月の間に含まれた多くのベネフィットにより、トリキュラーはほとんどの産婦人科医院で最も広く処方される経口避妊薬となっています。ホルモンの組み合わせが自然に変化するため副作用の発現リスクは低いです。

トリキュラーは、日本で最も処方されている低用量ピルです。自然によくあるホルモン分泌を促し、排卵を抑制することで避妊効果を発揮します。1錠ごとにホルモンの配合が異なる三相性タイプなので、身体への負担が少ない優しいお薬です。トリキュラーの避妊効果は、1週間の摂取で得られます。そのまま飲み続けると妊娠を防ぐことができますが、服用をやめると避妊効果はなくなります。

バイエル社のトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが排卵を抑制することで効果を発揮します。ホルモン治療法によく見られる吐き気、むくみ、乳房の圧痛、月経以外の不正出血などの目に見える副作用がなく、安全に使用することができます。トリキュラーの主な副作用は、吐き気、頭痛、悪心、胃痛、吐き気、乳房の張りなどの自覚症状があります。これらの症状は軽度で一時的なものなので、体調が慣れてくれば気にならなくなるものです。

トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを有効成分とする低用量ピルです。赤・白・黄の錠剤を順番に体内に取り込むことで、女性の生理的なホルモン動態に基づいた3ステップの服用方法により、強力な避妊効果を一目で実感することができます。トリサイクラーの避妊効果は、ピルを服用した日数分有効です。服用を中止しても、月経が戻れば、体は自然に妊娠可能な状態に戻ります。服用を中止してもおよそ2ヶ月に1回の割合で月経が起こりますので、トリクロン®を服用していても不妊の心配はありません。

この薬は、1976年にドイツで初めて経験され、肉体を妊婦と同様のホルモン平衡状態にすることで妊娠を予防することを目的としています。日本では、1987年にバイエル社が発売を開始し、近年、経口避妊薬として最も多く処方されるようになりました。トリキュラーには、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが含まれています。トリキュラーであらかじめこの2つの女性ホルモンを体内に入れることで、体は比喩的に「卵胞はすでに成熟している」と勘違いしてしまうのです。すると、体は卵胞の成長に必要な性腺外ホルモンを分泌しなくなり、卵胞が成熟できなくなり、排卵が消滅してしまうのです。

トリキュラーは、1979年に世界で初めて商品化された3相性低用量ピルです。三相性低用量ピルは、2型女性ホルモンの量の異なる3つの錠剤を時間差で体内に入れる低用量ピルです。赤、白、黄色の対照的な3つの錠剤を摂取することで、正常なホルモン分泌を誘導し、排卵を抑制し、妊娠を防止します。

1970年代、摂取量の減少に伴う弱点が解消されないまま、多くのピルが開発・販売されました。そんな時代に開発されたトリキュラーは、女性ホルモンの配合数を落としながら、絶対的かつ確率的に避妊を可能にした前衛的な経口避妊薬として、瞬く間に世界中に広まりました。トリキュラー(Triquilar)は、年間を通して継続的に服用する低用量ピルです。正しく服用すれば100%妊娠を回避できるケースが多い避妊薬で、医療機関でもよく処方されることから、通販で人気を集めています。

タイトルとURLをコピーしました