アイピル 通販入ロ ※本物の早い発送

アイピル通販

 

アイピル(i-pill)
数量価格ご注文
1箱¥2,900
3箱¥3,900
5箱¥5,200
10箱¥7,500

 

 

 

 

 

 

アイピル詳細【通販入ロ】

アイピルはピラマル・ヘルスケア(Piramal Healthcare)が販売しています。ノルレボのジェネリック医薬品であるため、低価格で安心して通販で購入できるのが特徴です。アイピルを含む緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊に失敗した時点からいかに早く投与できるかが重要です。アイピルをあらかじめ用意しておくことで、いざという時に慌てることなく、妊娠の不安を回避することができます。

アイピルは、日本では「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)という医薬品名で販売されている肥満成分レボノルゲストレル1.5mgを含むジェネリックギフトで、日本国内では「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)です。アイピルは72時間以内に75%の避妊効果があり、24時間以内に投与できない場合でも3日間という時間的猶予があります。アイピルは、非常に高い確率で妊娠を防ぐことができますが、確実に妊娠を防ぐことができるわけではありません。コンドーム使用などの避妊対策が敗れたり、避妊対策ができなかった性交後の緊急チックとして取り入れるものであり、通常の経口避妊薬のように妊娠に耐えるものではありません。

アフターピル「ノーレボ」のジェネリック医薬品で、超安価な価格も人気の理由の一つで、望まない妊娠を防ぐ救世主的な存在です。翌朝に服用させる女性が多いため、モーニングアフターピルとも呼ばれています。緊急避妊ピルは1960年代から販売されていますが、当時は利便性が悪く、乳房の腫れや嘔吐などの副作用が強く出ていました。その後、副作用を短縮するために、黄体ホルモンと表示されるノルゲストレルという成分を含む緊急避妊薬が作られました。

アイピル(ipill)は、緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。避妊のうっかりミスが発覚してから24時間以内に服用することで95%の効果を発揮します。アイピルを服用することで、子宮内膜を人工的に剥がし、生理と同じ病状を引き起こすことで、生理を早めたり、先延ばしにしたりすることができます。奥さんとのデートや観光旅行など、女性の三文の徳になることもあります。用法用量を守り、あくまでも危機管理薬として服用するのがよいでしょう。

アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、受精卵の着用階層と卵子の子の放出を抑制するため、性交後でも効果があります。次の生理が来るのを不安げに待つのではなく、不満足な妊娠を回避することができます。また、前駆効果効能として月経を抑制します。アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。レボノルゲストレルが配合されており、大差はなく、アイピルもノルレボ錠と同様に未承認の妊娠率が期待できます。

アイピルとノルレボは有効成分が同じで、効能や役割もほぼ同じですが、価格に差があります。医療機関で緊急避妊薬を処方してもらうと1万円以上かかるのに対し、アイピルは1錠1,500円以下で購入することができます。すでに排卵が起こっていても、妊娠に成功するまでには2〜3日の猶予期間がある。レボノルゲストレルによって子宮内膜が刺激され、成長が促されます。成長を早めることで、受精卵が子宮内膜に到達したときに、着用階層に適さない状態にします。

アイピルは、性交後72時間以内に水またはぬるま湯で服用します。性交後24時間以内に服用した場合の避妊効果は約95%、性交後72時間以内に服用した場合の避妊効果は約85%です。性交が終わって装着していても、なるべく早く服用することをおすすめします。性交時にコンドームが割れた、コンドームを見抜けなかった、性交してしまったなどの失敗があっても、24時間以内にアフターピルであるアイピルを体内に取り込めば、95%の確立で避妊に成功します。

タイトルとURLをコピーしました